Estonia

ゴーホテルシュネリ

旧市街の少し外
鉄道関連の会社が経営しているタリン駅横のホテル
それがGo Hotel Shnelliだ

レールのデザインや
列車のコンパートメントを想起させるテーブルなど
鉄道会社が経営しているのを窺わせるデザインが
あちらこちらにある

夜には旧市街の明かりが見え
旅情緒を誘う

【Go Hotel Shnelli】
Toompuiestee 37 Tallinn, 10133 Estonia

スポンサーリンク

レストラン ワーナー

作家や詩人、音楽家
名だたるアーティストが集ったカフェ

明るさを落としたライトに座り心地の良い椅子
じっくり語り合うのに適した空間だ

壁に掛けられた絵を眺めながら
ふわふわの泡のカフェラテを頂けば
クリエイティブな脳が動き出す

【Restrant Werner】
Ulikooli 11, Tartu, Estonia

スポンサーリンク

オルデハンザ

現代のエストニアは
北欧やヨーロッパの食文化が伝わり交わって
エストニア独自のものになっているように思う

中世の貴族の料理を味わえるオールドハンザ

中世のコスチュームに身を纏ったスタッフや
ろうそくだけで灯された食卓など
すべてが気分を盛り上げてくれる
それはタリン全体に広がり
タリンそのものの雰囲気になっている

中世と現代の料理はまるで違う
エストニアの食の歴史を味わって感じてみて

【Olde Hansa】
Vana Turg 1, Tallinn 10140, Estonia

スポンサーリンク

タルトゥ

タリンからタルトゥへ向かう2時間半
見渡す限りの平野に浮かぶ雲
コウノトリの巣に占拠された煙突
車窓には牧歌的な風景が流れる

タルトゥは新旧がうまく融合している街だ
あっと驚くような近代的建築があると思えば
木造の民家が立ち並ぶ地区があったり
パラソルの下で花を売るおばあさんがいるかと思えば
若者たちがショッピングモールに集っている

タリンとは全く異なる街並みにエストニアの奥深さを見る

スポンサーリンク

パルヌのビーチ

タリンから遠く離れた海の街
古くから泥風呂が盛んな湯治場で
泥風呂のそばは温泉街のような匂いがする

街はといえば何もない

だが遠浅の海がある
そして海にはヌードがある
ざっと1000人

思いがけず迷い込んだら
脱ぐしかない
脱いだらそれが普通になる

スポンサーリンク

Tallink Spa Hotel

港に程近い地区は旧市街と一線を画す
人目を引く奇抜な近代建築がある

フロントの後ろにあるガラス張りのスパ
プールに浸りながらアルコールを楽しめるバー
ハマムなど数種類のサウナなど
充実したスパ施設がホテルの顔になっている

廊下やホテルは原色が眩しいロックな色使い
だが落ち着かないわけではない

他に類をみないホテルだ

【Tallink Spa Hotel】
Sadama 11a, Tallinn 10111, Estonia

Fish & Wine

タリンのレストランはお洒落でおいしくて
そして驚くほど安い
どこもレベルが高くはずれがなかった

オススメはFish & Wine
テラス席でワインを飲みながらいただくお料理は
エストニアに来た喜びを倍増させてくれる

美食の街に認定したい

【Fish & Wine】
Harju tn. 1, 10146 Tallinn

Tallin

これほどまでに訪れる前と後で
印象の異なる国があるだろうか

エストニア
ひいてはバルト三国すべてに
暗く淋しいイメージを持っていた

しかしこの国の純粋な美しさと優しさは
龍宮城に迷い込んでしまったかのようだ

うらしま太郎になる価値のある
絵にもかけない美しさを体験することになるだろう