Sweden

エステルマルム市場

ストックホルムのたくさんのショップが立ち並ぶ
エステルマルム地区にそれはある

魚屋さん、パン屋さんなど
専門性が高いお店がブースごとに並んでいて
スーパーマーケットと呼ぶより
市場と呼ぶにふさわしい場所だ

各々のお店が素晴らしく
中に入ったらどのくらい時間が経ったかも
わからなくなるほど魅力にあふれている

イートインスペースもあり
地元の人のみならず観光客も楽しめる市場だ

【Ostermalm Saluhall】

スポンサーリンク

ホテル ビリエルヤール

スウェーデンのさまざまなデザイナーによって生み出された部屋は
部屋によってデザインが異なり何度訪れても新たな発見をくれる

置かれている家具やグラスひとつとってもこだわりが伝わってくる

近くには雑貨屋さんやインテリアショップなどもあり
北欧デザイン三昧にはうってつけのホテルだ

【Birger Jarl】
Tulegatan 8, Stockholm Sweden

スポンサーリンク

The Cat of Vaxholm

ヴァックスホルム島のネコはなんだかとても優雅だ
島を歩いている間
野良と呼ばれるようなネコは一匹も見かけなかった

毛並がよくお上品、それがこの島のネコだ

お店の商品に紛れて寝ていたりするが
あっちいけ!とはならない
むしろ商品を格上げするほど気品があるのだ

ネコになるならこの島のネコがいい

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

The cat who lives in Vaxholm Island is very elegant.
I’ve never seen stray cat while I walk around the island.

They have good lie of the hair and dignified.

If I’ll be a cat, I’d like to be a cat in this island

スポンサーリンク

Stockholm

都会に疲れたら
森に帰り
森に飽きたら
都会へ行く

ストックホルムはとてもバランスが良い
そのバランスは人々の生活やここで生まれるデザインにも
反映されているように思う

仕事と遊び
新しいものと古いもの
個人と社会

肩肘を張ることなく
軽やかに日々を営む
このバランス感覚をお手本にしたい

Tyska Kyrkan

ストックホルムの旧市街ガムラスタン
ガムラスタンの建物は長細く上へ上へと延びている
石畳の道、石造りの建物
そして衛兵さんが重厚感のある街並みを作りだしている

重厚感はあるが、重苦しい感じではない
それはオレンジやピンクにペイントされている壁のおかげかもしれない

ドイツ教会はその一角にある
教会内部はドイツ教会という名前ながら
北欧テイストを感じられるとても美しい教会だ

【Tyska Kyrkan】
Svartmangatan 16A, 111 29 Stockholm

RosendalGarden

ローゼンダールはユールゴーデン島にある
島と言ってもストックホルムの中心地から橋でつながっていて
歩いていくこともできる

橋を渡った瞬間に森の心地よさに包み込まれる
ユールゴーデン島全体が木々に覆われた一つの大きい森なのだ

ローゼンダールには野菜畑や花畑そして採れた野菜を使ったカフェなどがある
リンゴ畑は解放されていて
木の下で寝転がったりテーブルでごはんを食べたり
想い想いのスタイルで楽しむことができる

大切に育てられたとわかるおいしいお野菜を自然の中で頂ける喜び
こんな場所が近くにあったら最高だと思う

【RosendalGarden】
Rosendalsterrassen 12 SE-115 21 STOCKHOLM, Sweden

Gustavsbergs Porslinsmuseum

スティグ・リンドベリやリサ・ラーソンといった日本でも人気のある作家を有するグスタフスベリー
博物館ではこれまでのグスタフスベリーの作品を見ることができる

陶磁器でこんなにも自由な表現ができるのかと思うほどの形の多様性
自然からインスピレーションを受けたカラフルで軽やかなデザイン

そして中にはトイレも置かれている
そうグスタフスベリーはトイレも作っているのだ
グスタフスベリー社製のトイレ・・・なんだかとっても贅沢

スウェーデンの陶磁器の歴史はここにあるといっても過言ではない

【Gustavsbergs Porslinsmuseum】
Odelbergs vag 5, Gustavsberg, Sweden

Lisa Larson

リサラーソンの動物たちはほんものとはまるで違う
まるまるしていたり
びよーんと長かったり

しかし、その独特のフォルムは
見るものに安らぎを与え、触るものに優しさをくれる

作品を形作っているのは、動物たち自然を慈しむリサラーソンの愛なのかもしれない

Vaxholm Island

スウェーデンにはたくさんの島がある
ヴァックスホルムはその島の一つだ

ストックホルムから向かう船からはこんもりとした緑の間に
赤や黄色のかわいい別荘を見ることができる

ヴァックスホルムはとても素朴な雰囲気だが
カフェや雑貨店、家の一つ一つすべてが洗練されている

それは短い夏を楽しむ人々の想いのカタチなのかもしれない